安い方が断然いい|優良な引越し業者の見抜き方

レディ

事前にレイアウトをする

引越は荷造りや物を運ぶだけでなく、事前に新居のレイアウトをしておくことが重要です。荷造りするときにレイアウトで決めておいた部屋番号を段ボールに最低2か所記入しておき、引越し当日に運び場所の質問を受けないようにしてください。

ウーマン

引っ越す時の業者の選び方

引越し業者はたくさんありますので選び方が大切になります。一般的には料金とサービス内容で選びますが、重要なポイントは隣近所に挨拶するかどうかです。引越し作業を迷惑と感じる住民もいるので、業者による事前の挨拶は必要です。わからない場合は業者のコールセンターに尋ねます。見積もりの時に確認するのも大事です。

業者の手配する際

ファミリー

どこまで手伝ってもらうか

引越し料金は、移動距離(作業時間)・荷物の量・作業人数で決まります。これが、基本となる料金なのです。安い料金にしようと思ったら、移動距離や作業人数は変えることができませんから、荷物の量を減らすことになります。荷造りをしていると、新居に持っていくもの使うことのないようなものなどが出てきますから、仕分けして処分をすることで荷物の量が減り、トラックもワンサイズ小さいものになると安い料金になることができます。そして、引越し業者への見積りです。引越し作業をどこまで手伝ってもらうのかをあらかじめ決めてから見積もりをすることです。引越しの作業ですが、資材の準備、荷造り開始、大型家具の荷造り、大型家具の搬出、旧居の掃除、荷物の輸送、新居の掃除、荷物の搬入・配置、大型家具の荷解き、その他荷物の荷解き、不要なダンボール等の処分が主な作業になります。これを、どこまで業者にやってもらうかです。業者が手伝う部分が多いと、それだけ料金が高くなってきますので、自分でできることは自分で行うことで、業者に手伝ってもらう作業項目を減らしていくと安い料金にすることができます。ただし、急遽転居することが決まって引越しの準備している時間があまり無い場合は、業者のオプションなどで用意しているおまかせプランを利用するとよいです。その分料金は高くなります。安いだけではなく自分に見合った引越しプランが見つかるまで業者と相談をして決めることです。

親子

引越しを行う

引っ越しの荷造りをしっかり行うなら、早めに引っ越し業者を決めてしまい、荷造りを少しずつでもよいので前倒しで行っていきます。そして、引っ越し前日は何もしないぐらいの気持ちでいたほうが良いです。ゆとりをもって引越しができます。